ニュースを笑ってやります。
by bao_osaka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
特亜
政治
ネタ

アメリカ
ロシア
国内
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
保守大敗(3)安倍晋三と..
from 雅子皇太子妃殿下そして皇太子..
保守大敗(6)維新政党・..
from 雅子皇太子妃殿下そして皇太子..
保守大敗(2)戦略の欠落..
from 雅子皇太子妃殿下そして皇太子..
保守大敗の戦犯たちを糾す..
from 雅子皇太子妃殿下そして皇太子..
ネットで確実に30万円を..
from 初心者がネットで確実に月収3..
「中国の人権活動家への弾..
from Red Fox
続「国家こそ,第一」再度..
from 雅子皇太子妃殿下そして皇太子..
【転載】火急の事にて急遽..
from Red Fox
望む日本の姿
from 歴史と日本人―明日へのとびら―
ワシントンポスト慰安婦問..
from Red Fox
ライフログ
検索
タグ
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

国が直接関与した(狭義の)管理売春について

韓国政府と米軍を訴える売春婦。
↑クリックでニュースへ!!!

全文引用します。

韓国人元慰安婦、韓国政府と米軍を告発 NYタイムズ紙

1月8日15時57分配信 産経新聞

 米ニューヨークタイムズ(電子版)は8日、韓国の元慰安婦のグループが、1960年代から80年代にわたって米兵との性的行為を強制されたとして、当時の政府指導者に謝罪と賠償を求めて告発したと報じた。このグループは組織的な慰安施設の設置に直接的に関与したとして、米軍と韓国政府をあわせて告発した。

 同紙によると、元慰安婦のグループは朝鮮戦争後、韓国に駐留していた米軍の基地近くにあった慰安施設で米兵を相手にした売春を強要されたと証言。一帯では、米軍の憲兵隊と韓国当局者が施設を見回り、番号札を使って性病に感染したとみられる慰安婦を排除しており、性病が疑われた女性は警察当局が、窓に鉄格子がはまった「モンキーハウス」と呼ばれる施設に収容し、快復するまで治療が施された、と証言している。

 同紙は、韓国の専門家が、当時の韓国政府は米軍の撤退を恐れており、それを防ぐために手段を選ばなかったと指摘しているとし「慰安施設には韓国政府と米軍の積極的な関与があった」とする別の専門家の談話を伝えた。


証言だけじゃ、まあた売春婦の芝居、または狂言、または、たかりのたぐいだろう。
そう考えるのが、まともな感覚である。

元ネタのニューヨークタイムスの訳を産経が恣意的に操作している・・・所謂「捏造」であるという指摘もあるが、そもそも韓国じゃついこの間まで売春は合法であったわけである。
おいしい「商売」を国、もしくは自治体がピンハネする。・・・

まあよくある構造である。
お上にかすられる・・・昔っから、面々と続く「構造」である。(笑)

「強制的に、売春をさせられた。」

という証拠を示さないと、なんの意味もないのである。

だいたい、今頃、何言ってんだ?

e0118366_231291.jpg

[PR]
by bao_osaka | 2009-01-22 23:02 | 特亜

アイヌ差別?

アイヌの今
↑クリックで毎日新聞の記事へ

これをプログで取り上げることで、差別が助長されるのではないか・・・と考えながらも、どうも腑に落ちないので、あえてとりあげてみる。

差別はある、そのことについて異論はない、日本中どこにだって差別はある。
いや、地球中、いたるところに差別はあるのである。

それを無くそう・・・というのは、一見とても理想的で、素晴らしいことではあるけれども、あくまでも理想であって、現実的とは言えない。

差別をする人間に「おまえは本当にクズみたいな奴だ」と罵ったとしても、新たな差別を生んでいることに他ならない。

「アイヌの人々は差別されてきたから、これからは手厚く保護していこう」

この毎日の記者はそういっているのである。
あるいは、「アイヌであることを誇りに思って、暮らしていける社会にしていこう」
・・・と言っているのかも知れない。

部落問題の研究者は言った。
「被部落差別者はドーナツの穴みたいなものだ」と。
ドーナツの本体(差別)が無くなれば、被差別民も消えてしまうのである。
彼等は、れっきとした日本人であり、差別されるいわれが全く無いのにもかかわらず、それがなくなると困る人達によって、タブー視され、いまなお尾を引いているのである。
そんなものを、次世代に引き継ぐなんてことをしないで、忘れ去ってしまえばいいのである。
そういう意味で、そういう保護団体がなければ、もっと早く無くなっていたと思う。

いっぽう、アイヌ団体の主張は少し違う。

先住民族であるアイヌの人々は、そのほとんどが同化してしまっているのにも関わらず、その「血」を誇りに思い、同じ日本人に対して「民族として認めて、差別をやめろ」と、今更主張している。

ちょっとまってくれい!!!

アイヌ人は日本人なんだろ?われわれは日本人でなくて「アイヌ人」である。それを認めて差別をやめい!!!・・・・っていうのは、猛烈な違和感を覚えるのである。

そのアイデンティティ自体が、そもそも差別である。
つまり、自ら差別を望んでいる・・・とも言えるのである。

少なくとも大阪人の私としては、奈良人が突然「奈良人を認めて、差別をやめい」と言われているのと同じ感覚であると言える。

差別意識なんて全く無いのに、突然「差別をやめろ」と言われて、その日から奈良人をタブー視することによって、育てて行かれる「差別意識」

ナンセンスである。

子供に「私たちは被差別民の血族なのよ」なんて言う必要は全く無い。
利権をむさぼる人達だけが「差別、差別」と騒ぐのである。

毎日新聞の意図はわからんが、もう、いい加減にしてもらいたい。
[PR]
by bao_osaka | 2009-01-12 03:34